TOP 小顔形成の基礎知識主な小顔形成のダウンタイムはどのくらい?

小顔形成の基礎知識

小顔形成の評判が良い!おすすめ美容外科紹介

小顔形成の人気施術

小顔形成の基礎知識

小顔術を受ける前に、小顔術が一体何なのかを知ることは重要です。小顔術の仕組み、方法、種類、持続性、即効性などに…

詳しくはこちら

小顔形成Q&A

「小顔術って、痛いの?」「効果は半永久的なの?一時的なの?」「身体に害はないの?安全なの?」といった、小顔術に…

詳しくはこちら

小顔形成治療 体験者の口コミ

実際に小顔術を受けた方の体験談や口コミを紹介していきます。体験談や口コミを参考にすれば、実際の施術の様子、施術後の…

詳しくはこちら

小顔形成の基礎知識 小顔形成の基礎知識
主な小顔形成のダウンタイムはどのくらい? 詳しく知りたい方は、おすすめの美容外科に聞いてみよう! おすすめ美容外科へ

目指せ!小顔美人

主な小顔形成のダウンタイムはどのくらい?

劇的な小顔効果を望める美容整形の小顔形成術。即効性のある方法で小顔を手に入れたいという方に大変お勧めです。そんな美容整形外科の小顔術は、種類が多種多様です。メスを使う施術もあれば、注射のみで施術できるものもあります。そして、メスを使う施術は、施術後にダウンタイムを要するものが殆ど。ダウンタイムとは、施術後に完治するまで掛かる時間のことをいいます。つまり、施術の傷跡や痣が改善されるまでの時間というわけです。ダウンタイムが長いものであれば、仕事や学校を休む必要が出てきたりします。また、ダウンタイム中に美容外科でケアを受けなくてはならないものもあります。今回は、美容外科で展開されている各小顔形成術のダウンタイムについて紹介していきましょう。メスを使わない小顔方法の中にもダウンタイムを要するものがあり、迂闊に施術を受ければ、後々、仕事や学校を休むことになりかねません。小顔形成術を受ける際は、前もってダウンタイムの有無について確認しておきましょう。

骨格が張っている

レディエッセ注入

レディエッセ注入という施術方法をご存じでしょうか?レディエッセ注入は、小顔を形成する人気の施術方法です。歯や骨に含まれるカルシウムハイドロキシアパタイトを主成分にした成分をアゴに注入することで、メリハリのあるフェイスラインを形成。小顔を演出することが可能です。そんなレディエッセ注入ですが、ダウンタイムはどうなっているのでしょうか?レディエッセ注入には、約1週間から数週間のダウンタイムがあります。具体的な日数は個人差によって異なります。ダウンタイム中は、腫れ、内出血などが起こり、軽い痛みがあります。皮膚に異変が現れた際は、すぐに利用した美容外科へ行き、診てもらうようにしましょう。

主な小顔形成のダウンタイムはどのくらい? 主な小顔形成のダウンタイムはどのくらい?
筋肉が発達している

脂肪吸引

脂肪によるデカ顔を小顔に変えてくれる脂肪吸引という方法。脂肪吸引では、確実に脂肪をなくすことができるため、劇的な小顔効果を実感することができます。そんな脂肪吸引ですが、ダウンタイムがあります。脂肪吸引では、皮膚に穴をあけてカニューレで脂肪を吸い上げます。その際、血液組織、結合組織にどうしてもダメージが出てしまい、施術後に様々な症状が現れます。個人差もありますが、チューメセントでは腫れやむくみの症状が約3週間、ベイザーリボでは腫れ・むくみ・痛み・内出血が約2週間、ボディジェットでは腫れ・内出血・痛みが約2週間続きます。なお、ダウンタイムの日数は個人差によっても異なるので、担当医に相談してみましょう。

主な小顔形成のダウンタイムはどのくらい? 主な小顔形成のダウンタイムはどのくらい?
顔のバランスを整える

ボツリヌス・トキシン注入

筋肉によるデカ顔を小顔に変えてくれるボトックス注射という方法。この方法では、発達しすぎた筋肉を収縮させ、その効果を利用して皮膚を引き締めて小顔を形成することができます。そんなボトックス注射ですが、ダウンタイムのある施術方法です。ボトックスのダウンタイムでは、蚊に刺されたような腫れ、内出血を起こすことがあります。人によっては全く何も起こらない人もいるようで、個人差が大きいといえます。ダウンタイムの症状が出た方は、2・3日から1週間ほどその症状が続くと思われます。とはいえ、日常に支障が出るほどの症状ではないため、仕事や学校には問題なく行くことができるでしょう。症状が酷いという方は、すぐに利用した美容外科の担当医へ相談するようにしましょう。

主な小顔形成のダウンタイムはどのくらい? 主な小顔形成のダウンタイムはどのくらい?
小顔形成の基礎知識 小顔形成の基礎知識
詳しく知りたい方は、おすすめの美容外科に聞いてみよう! 詳しく知りたい方は、おすすめの美容外科に聞いてみよう!